広告の種類は何がある?             職種や業種などによって変わる広告媒体!

T-Marketingです!

今回は、広告に種類について書いて行きたいと思います。

この記事は、こんな方におすすめです。

  • 広告を出してみたいけど効果的な広告は?
  • そもそも広告の種類はどんな種類があるの?


・効果的な広告はどんな広告?

広告

効果的な広告はどのような広告でしょうか?

結論から申し上げますが、「正直この広告の運用だけしていれば良い!」
なんて広告はなくその業種や、ターゲットによって効果の出る広告も変わってきます。

ただ、広告は間違いなく裾野を広げるという意味では
必要な工程になりますので、適当にはできないでしょう。

例えば、高齢者の多い業種(農業など)の方には、Google広告などは
あまり効果がないと言えるでしょう。
そもそもWebを見なかったら広告に触れる機会もないので
しっかりと広告で訴求することが出来ません。

かなり、マーケティングの領域になってきてしまうのですが

1.まずは、ターゲットがどこなのかを見極める
2.市場の大きさなどを確認し、広告費に対しての費用対効果を確認し仮説を立てる
3.広告に種類などを調べどの広告がターゲットに刺さるのかを確認する

こういった感じで、順追って広告を選定していきましょう。

では、広告の種類はどういったのがあるのでしょうか?

・広告の種類はそういったのがあるのか?

広告にも種類が、色々あります。
説明していきます。

・DM広告

DMチラシ

DM広告とは、チラシを制作し各ポストへ投函していく
昔からある広告の手法です。

今ではDM代行業者などサービスも多くあります。
DM代行業者に発注すれば、チラシのデザイン・印刷・ポスティングまで全て一貫して行ってくれるので
かなり楽に出来ます。

ですが、しっかりとこちらからリストを渡していかないと
無意味な業種の方などにもポスティングしてしまい
無駄な広告費を払うことになってしまうので注意しましょう。

・新聞

新聞

新聞も、昔からある広告の代表です。
自ら、新聞の一面に掲載出来る新聞広告と、実際に記者などから取材を受け
新聞に掲載される2パターンがあります。

記者に取材されることがあれば、広告費はいっさいかからず商材やサービスを
PR出来るのでそこがメリットになります。

・テレビCM

テレビCM

テレビCMは、今までの紙媒体での広告と違い
電波に載せて広告を打つことが出来ます。

平成の時代には、一番の広告費が動いていた媒体になります。
今でも、十分なPRになることは間違いないですが
コストが多くかかってしまいます。

テレビの広告の費用は、枠によって違います。
みんなが見る時間帯に広告枠を設けると金額が跳ね上がってしまいますので
しっかりと検討しましょう。

・リスティング広告

リスティング広告

リスティング広告は、ネットに掲載する広告です。
Googleや、Yahooなどで検索した際に
検索ワードに応じた商品やサービスなどを
ピンポイントにリーチできるのが特徴です。

さらに、リスティング広告はクリックされる事に課金されていくシステムなので
安全に広告を打つことが出来ます。

ただ、リーチがしっかり出来る分
リーチするセグメントを明確にしなければいけないので、広告の運用スキルも必要になってきますので
Webマーケティングの会社などに発注すると良いでしょう。

T-Marketingでは、広告での集客もアニメーション制作と同時に出来ますので
集客にお困りの方は是非一度、ご検討ください。

・SNS広告

SNS広告もネット広告と似ている部分があるのですが
リーチするユーザーを選定できるので
しっかりと刺さる広告を出せば効果が期待できるでしょう。

SNSを利用する若い層などにリーチできるのが特徴です。

・まとめ

いかがだったでしょうか?

様々な種類のPR方法があり迷うと思います。

T-Marketingでは、アニメーションを用いたPRで集客できますので
集客にお困りの方は、一度アニメーションでの
集客を試してみてはいかがでしょうか?

見積もりなどはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です