今後伸びる!?動画、アニメーション業界!!

T-Marketingです!

今回は、今後の動画やアニメーション事業は伸びる!?
と言う事について書いていきたいと思います。

  • 動画編集とかしてみたいけど今後どうなっていくのか?
  • 動画とかの需要はまだあるの?

今後、動画市場はどうなっていくのか?

今後の、動画市場はどうなっていくのか?

「副業で動画編集したみたいけど全然単価低くてやっていけない」
「アニメーションでのPRとか今後どうなっていくの?」

と、色々な憶測が飛び交っていますが結論から言います。

今後も動画市場は伸びます!

と言うより、ネットの広告事業がどんどん拡大していきます。

これは、どう言うことかと言うと
昔の広告の中で一番の媒体はテレビ一択でした。

それが去年、とうとうネット広告がテレビを越したのです。

https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1240374.html

引用元:広告費、ネットがテレビを超える

そして、ネット広告が今、どんな形で配信されてるでしょうか

動画です。

動画で現在、様々なプラットフォームを通じ配信されています。

YouTube、Instagram、Twitter。
各SNSでの広告もそうですが、Googleなどの検索エンジンでもリスティング広告などもあります。

この様に、今後広告が伸びると言うことは、比例して動画の市場も伸びてきます。

広告の種類については、こちらでも書いてありますので合わせてご覧ください。

https://t-mark.info/2021/04/17/広告の種類は何があるのか?/?preview_id=1489&preview_nonce=5f46521c5d&preview=true&_thumbnail_id=1499

広告の種類は何があるのか?

動画・アニメーションでの集客

動画やアニメーションでの需要が高まっていると言う事は、それだけ見る人も多いと言う事です。

と言う事は、自ずと目にする事が多くなり興味のある人にアプローチ出来ます。

アニメーション制作をしても、どう言う風に売上に直結したらいいか分からないなんて声も聞きます。
そこで、アニメーションと相性がいいのがYouTube広告です。

YouTubeを見ていると広告が流れてくるのを見た事があると思います。

そこにアニメーションをしっかりと興味のある層にアプローチする事で
売上UPにつながります。

一度、検討されてみてはいかがでしょうか?

まとめ

いかがだったでしょうか?

アニメーションや、動画の需要は今後も伸びる理由は広告の需要にあります。

T-Marketingでは、アニメーション制作し広告も運用し
お客様の売上UPに貢献致します。

是非、一度お見積もりだけでも検討されてみてはいかがでしょうか?

お見積もりやお問い合わせはこちらから

今後伸びる!?動画、アニメーション業界!!」への21件のフィードバック

  1. ピンバック: 動画、アニメーションの訴求力はどのくらい?テキストと動画の訴求力を調べてみた! |t-marketing

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です