動画、アニメーション制作による訴求力はどのくらい?テキストと動画の訴求力を徹底解説!

こんにちは!
T-Marketingです!

今回は、“実際テキストで訴求していくのと動画やアニメーションで訴求していくのはどちらが訴求力があるのか?”
と言う事について書いていきたいと思います。

この記事はこう言った方におすすめです。

  • 動画がいいとされているけどどのくらい訴求力があるの?
  • 実際の動画での効果を知りたい!

そもそもなぜ今、動画やアニメーションが注目されている?

なぜ、動画やアニメーションの人気がある?

なぜ、今動画やアニメーションの需要が拡大しているのでしょうか?

巷では、
「5Gが来るからではないか?」
「最先端っぽいからね!」

などと聞こえてきますが、もちろん間違いではないですが一番の根本的な理由として

「訴求力」

が挙げられます。

今までも経験ある方も多いと思いますが
ズラーっと文字の書いてあるHPなどを見ると一瞬で見る気がなくなりスクロールしてしまう経験はありませんか?

テキストは興味のある所だけを一瞬でピックアップするのが難しいため
ユーザーが離れていってしまう事が多々あります。

ユーザーが離れていってしまうという事は
成約だったり受注にも繋がりにくくなってしまいます。

その点、動画やアニメーションだといかがでしょうか。

動画やアニメーションに関しては、ユーザーを飽きさせないために様々な工夫ができます。
さらに、端的に映像で伝えることができるので
しっかりと訴求でき、結果的に受注率などに大きく関わってきます。

テキストと動画の訴求率の違いは実際どのくらいある?

動画の訴求力は?

では、実際テキストや静止画と、動画アニメーションでは訴求力に違いがあるのでしょうか?

訴求力の調査では、1分間の動画には180万の言語、Webサイトでいう3600ページ分の情報量
一瞬にして訴求し記憶にも残りやすいです。

また、動画やアニメーションでのPRが伸びている原因が

  • インターネットの急速な普及
  • 持ち運び可能なデバイスの普及
  • 動画プラットフォームが身近になった事で動画への視聴ハードルが下がった

などが挙げられます。

https://www.humancentrix.com/columns/still-image-and-video.html

引用元:静止画と動画、それぞれの特徴と期待できる効果

これだけの数字の違いがあるので今、動画のコンテンツでPRする企業様も多いのです。

さらに、動画を配信する先はインターネット上です。
またはSNSです。
一昔前は、TV広告が一番の広告媒体でしたが
現在、”ネット広告“がTVを追い越したことも背景にあります。

広告費の詳細についてはこちらの記事にも書いてあるのでご覧ください。

https://t-mark.info/2021/05/02/t-mark/

動画市場がなぜ伸びているのか?

まとめ

いかがだったでしょうか?

アニメーションや動画の需要はさらに高まり
動画でのPRが主流になりつつあります。

T-Marketingでは、興味を惹くアニメーションの台本から始まり
アニメーション制作をしさらにそのアニメーションをWeb広告として運用し
認知を高めます。

認知を高める事は結果として受注率を高める事につながります。

お見積もりはこちらから

動画、アニメーション制作による訴求力はどのくらい?テキストと動画の訴求力を徹底解説!」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です